2018年レバレッジ規制

2017年9月に金融庁は、FXのレバレッジを現在の最大25倍から最大10倍に引き下げる見通しを示しました。

FXは少ない資金で多額の外貨を売買できる反面、値動きの予測を外すと多額の損失を被る可能性があることから個人投資家を保護するため検討に入ったと報道されました。

金融庁のコメントはもっともな話ですが、投資家から言わせれば同じ投資額であれば、取引枚数を少なくしなければいけませんね。

 

2018年になりました・・・・

昨年の報道通りであれば、近い将来施行されていくでしょう。

 

国内メインの方が考えるべきこと・・・・・

スプレッド幅は国内FXの方が狭いので、スキャルピング手法で行なっている方は、海外FX業者より国内FX業者メインのままで良いと思います。

もしくは、XMのZERO口座で国内なみのスプレッド幅でレバレッジ最高500倍を使うかです。

(ZERO口座についてはコチラ)

スキャルピング以外の手法で取引されている方は、国内FX継続するのであれば、投資枚数を抑えて資金管理をしていくしかないです。

もしくは、海外FX業者も検討していく事を、そろそろ考えた方が良いと思います。

XMスタンダード口座を開設した場合、レバレッジは888倍を設定できますので、取引手法など幅が広がります。

試してみたいトレード手法なども最低ロットでリアル検証できます。

これから始まる規制をどう捉えるか、検討する時だと思います。

近い将来の為に、準備をしていきましょう!

コメントを残す