ペアトレードを考えよう

FX取引を行う上で、覚えておくと自身のトレードに役立つのではないか?

その一つにペアトレードを利用した取引です。

そもそもペアトレードとは、相関関係が高い2つの通貨ペアの異なる値動きを利用してパフォーマンスをあげようとする取引ですが、ペアと言っても3ペア・4ペアでも、自分に合ったペア数で行えば良いです。

ペア数を増やし損失リスクを分散させる事もテクニックです。

 

では、ペアをどう選ぶかです。

例を上げて見ましょう。

USD/JPN・EUR/USD・EUR/JPNが表のような相関関係だったと仮定します。

表は右→に見ますので、USD/JPNであれば、JPNが買われて、USDが売られている事を示します。

この状況から読み取れる事は、この3通貨の人気が順位がわかります。

1番人気 JPN

2番人気 USD

3番人気 EUR

と言うことになります。

なんか競馬みたいですね。

 

実際、トレードに当てはめると・・・・・

USD/JPNは売り

EUR/USDは売り

EUR/JPNは売り

トレンドが続いていれば3ペアで利益を生み出すはずですが・・・

100%はないです。

ただ、1ペアのトレードよりは、リスクの分散はできるはずです。

 

相関関係を読み解く

そして、その相関関係をどのチャート時間足で見ていくのかも重要です。

時間足によってはトレンドが違って見えてくる場合もありますので、自身のトレードスタイルに合わせましょう。

 

またトレンドを読み解くための参考に、XM取引シグナルも活用できます。

表はXM取引シグナルですが、1時間足・4時間足・日足のトレンドが矢印で表記されます。

私が思うに100%的中とは言えませんが、コメント欄も含めて参考になると思います。

FX始めたばかりの方であれば、エントリーに入る前に読めば、必ずプラスはあると思います。

 

結局は、相関関係はチャートを見て上昇しているか、下降しているか見れれば良いだけですが、指標発表等が控えている時は気を付けましょうね!

 

どうですか、あなたのトレードの参考になりましたでしょうか?

無理のないトレードを心がけて、自信の無い時はトレードルールなんて省いてエントリーはやめましょう。

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
応援クリックお願いします!

XM取引シグナルはリアル口座開設で無料で取得できます。)

コメントを残す